市場調査を行う際に必要な費用について

これから起業をして、商品やサービスを一から作り出して提供していこうとするときには、さまざまな角度から、そのサービスや商品が本当に必要とされているかを調査することが大切になります。そのような調査をしないで、作り手の好みや思いだけで商品を作ったり、経営者の感覚だけで市場に投入すると、実際にはそれらを利用したいという消費者がほとんどいなく、まったく売れないこともあるのです。すると、その商品やサービスを作り出すためのコストだけが負債となってしまい、経営を圧迫してしまうことになります。商品やサービスを提供するということは、従業員やそれを作り出すために関わった企業や人々、消費者、会社のすべてが幸せになることが前提となります。そんな意味や意義のある提供ができるために、市場調査はとても重要な要素となります。

市場調査をする種類や分析について

市場調査をするときには、さまざまな方法があります。例えば、インターネットによるリサーチや、実際に試供してアンケートをとる方法、既に調べられている調査結果を図書やインターネットなどから探し出す方法などがあります。これらのさまざまな手法の中から、予算や調べたい内容の特性に合わせて選択し、調査をします。調査結果が出たら、それをもとにして細部にわたり分析をして、その後の方向性を決定して行くことが重要となります。例えば、作り出した商品の欠点が分かったり、年齢によって好みが分かれていたり、当初想定していたことのまったく反対の結果が出たりします。そのような結果を受けて、方向修正やブラッシュアップを重ねていきます。場合によっては、その商品やサービスを一度諦めた方が良いこともあります。このようにして、より確実性を高めていき、市場に投入することが重要なのです。

調査をするときの方法と費用について

市場の調査をするときには、リサーチ会社などで実際に行ってきた知識がないと、難しいことが多くあります。また、海外でのリサーチをしたいと考えた場合、調査まで仮にできたとしても、正確に分析できないことが良くあります。それは、国によって文化や習慣の違いがあることで、日本人の感覚で理解をして分析することが難しいからです。これらの場合、リサーチ会社に調査を依頼して、分析すると、より精度の高い調査を実現することができます。リサーチ会社に依頼する場合、当然のことコストがかかります。リサーチ内容や種類、質問数、会社によってかなりの差があります。例えば、調査が比較的容易でリーズナブルなインターネット調査でアンケートを行う場合では、10問の質問を100サンプルで行うと4万円から10万円の費用が必要です。これだけの差額がありますので、実績や専門性などを良く調べて、信頼のできるリサーチ会社に依頼するようにしましょう。