市場調査を実施することの重要性について

市場調査はいつの時代も必須のものです。その理由は、顧客にニーズのあるものを提供しなければならないということです。いくらサービスが優れていても、当然そのサービスにニーズが無ければ成り立ちません。そのため市場調査が重要なのですが、現代は比較的やりやすいと言えるでしょう。インターネットやSNSで情報を入手することが容易で、市場のニーズを探ることをやりやすいからです。検索ワードだけでもかなり優良な情報になります。そういうことなので、市場調査はまずインターネットやSNSでの情報収集を行うというのが良いでしょう。個人宅を訪問したり、電話での情報収集が昔は一般的だったのですが、今はあまり効率的とは言えないでしょう。もちろんサービスの分野にもよるので一概には言えません。

基本になるのはインターネットによる分析

現代ではインターネットによる情報収集がニーズを探る基本になります。単にインターネット上で情報を得るというのでも良いですし、場合によっては自分から何か働きかけを行っても良いでしょう。インターネット上にアンケートなどを投稿すれば、答えてくれたり、意外に良いアイデアが出てくるということもあります。もちろん有効でないものも出てくるのですが、それはインターネットでなくても同じでしょう。最近はSNSも有効活用できるので、SNSでの収益化も一般化しています。情報収集は収益化とは話が違うのですが、最終的にはそれによって儲かります。市場を分析するのはお金のためなので、お金のにおいがする方に向かって情報収集するということが重要になります。それで儲けていくということです。

ニーズには大きくわけて2種類ある

市場を分析し、市場のニーズを探るということなのですが、そのニーズには大きくわけて2種類あります。まず顕在的なニーズで、消費者が明らかに求めているにも関わらず、市場にないというものです。これは非常にわかりやすくて、ないものをサービスとして提供することが可能ならば、そのまま提供すれば収益になるというものです。しかし、現状このようなものは少ないでしょう。多くの人が市場を分析してサービスを提供しているので、顕在化しているニーズに対しては供給が間に合っているということです。そして、ねらうべきは潜在的なニーズでしょう。消費者自身も求めているものに気づいていないというものになります。新たなサービスで、潜在的に需要のあるものを提供します。インターネットももともとはそうです。