市場調査をするデメリットについて

市場調査という言葉を聞いたことがあるとは思いますが、これは言葉通りに市場について調べるということです。市場にはいろいろな意味がありますが、主に使用されるのは、企業が新しい商品や製品、サービスを販売するときの調査をする場合に、調査をしていきます。つまり、その製品や商品、サービスについて顧客を調べることで、売り上げを伸ばせるように調査をして分析をし、より売れるための戦略を立てるために行う行為です。このときに大切になることは、何のために調査をするのかの目的を明確化しておくことです。調査が大掛かりになっていくと、進めていく中で調査すること自体が目的化してしまい、本来の目的である販売促進のための調査であることが忘れられてしまうことがあります。

市場調査をするために計画を立てる

販売促進のための調査とはいっても、それぞれの調査によって、詳細の目的に違いがあります。例えば、ターゲットとなる顧客層の全体の動向を調査する場合や、ターゲットを絞り込んで、段階的に顧客の意識調査をする場合では、目的に違いがあります。どちらを調査するか、もしくはどちらの調査も必要になるのかは、何のために調査をするのかの目的によって変わってきます。そして、目的が明確化できたら、今度は調査のための計画を立てます。計画を立てなければ、デメリットが生じてしまうことが多くあるのです。例えば、期限を決めておかなければ、いつまでたっても商品を市場に投入できなくなります。また、時間が長くなれば、その間に顧客の動向も変わってきてしまうことがあります。商品化を考えるときには、期限や方法、予算などをあらかじめ決めて行動することが重要になります。

調査方法の種類やメリット、デメリット

市場調査の方法には、いくつかの種類があります。アンケート調査は、一番思いつきやすくさまざまな場面で利用されています。一般的な方法であるからこそ、難しいというデメリットもあります。調査を受ける側が安易に考えて回答をしたり、質問が適切でないことで正しい集計ができないなどの恐れもあるため、しっかりと作りこみをして、対象を考える必要もあります。また一対一の対面調査では、質問する側の能力によって、欲しい回答を引き出せるかなどの問題があります。上手くいけば質の高い調査ができますが、時間がかかるため大掛かりな調査には不向きです。その点複数の対面調査では、時間を短縮することは出来ますが、回答者が周りの意見に引っ張られてしまうことがあるなどの問題もあります。それ以外にも郵便調査や電話調査、インターネット調査などがありますが、それぞれにこのようなメリットとデメリットがありますので、より目的を果たせる可能性が高い調査方法を選択することが重要となります。