市場調査とは何かをまず説明します

市場調査はマーケティングとも呼ばれ、一定の市場において、対象とする商品の潜在的ニーズがどの程度存在するかを計測するものです。企業が販売予測を立てる上で有用な手法のひとつであり、この結果を基に仕入れや従業員の採用人数、生産個数などを予測することが可能となります。しかし、市場調査の欠点は、調査時点でのニーズを把握するものであるだけに、近未来の姿まで予測することは困難と言わざるを得ません。例えば、コンビニエンスストアを出店するに際し、需要が十分にあると判明しても、進出後の数カ月で別のコンビニエンスストアが近くに立地しては、需要予測が大幅に狂うことになります。そのため、マーケティングを行う際には、過去・現在・近未来の観点から、十分すぎるほどの予測をすることが必要不可欠と言えます。

マーケティングの基礎は地域の住民構成から考えること

市場調査を行う際、先ず基本的に実施することは、一定区域内にどれだけの人々が生活をし、その世帯数や年齢構成、昼間人口などを適確に把握することから始まります。その後、どれだけの人々が企業の商品に関心を持ち、購入をしてもらえるかの予測を立てることになります。コンビニを出店する場合なら、昼間人口や夜間人口、一人暮らしの人口、近隣の大型店舗やライバル企業などを克明に洗い出します。これによって、どれほどの顧客を確保できるか、24時間営業の体制を採用するか、あるいは駐車場のスペースをどれだけ確保することが効率的かを算出することになるのです。駐車場のスペースを軽視することは問題です。とりわけコンビニの場合、自動車の通行量の把握も重要な意味をなします。都心部においては、コンビニを憩いの場と考える人もいて、そこに駐車していただくことが、店内へとお客様を誘導するキーポイントとなるからです。マーケティングにおいて、すべては、データに基づく調査と言えます。

マーケティングの結果により社内の体制を整備すること

いくら正確なマーケティングを行っても、お客様を迎え入れる体制が整っていなければ本末転倒と言わざるを得ません。したがって、結果を基に社内での体制を整備することが重要となります。具体的には、どの時間帯に何人のスタッフを配置するか、その際の責任者を誰にするか、店長はどの時間帯に店内を取り仕切るかなど、受け入れ体制をしっかりと構築し、お客様をお待たせすることのないよう、最大限の努力を払うことが大切です。お客様は神様という言葉が示す通り、商売はお客様によって成り立ちます。不快な思いをしたお客様は簡単に戻ってきてくれることはありません。マーケティングの成果を活かすことはもちろん、お客様を迎える真心を社内で徹底することが求められます。そのためにも社内教育・従業員研修などを綿密に行い、常にお客様の満足度向上に役立てる経営方針を実践することが必要です。

1967年の設立以来、独立系調査会社として市場調査を専門に行っており、高品質の調査を実施することができます。 各種の産業分野で広い知見と高い専門性を有しています。 マーケティングリサーチに関する相談・お問合せをご希望される方はお気軽にご連絡くださいませ。 北海道から沖縄まで全国を対象として調査を行っております。 市場調査のことなら当サイトをチェック